ガルウイングドアの特色

ガルウイングドアとは英語で示すと、「gull wing door」となります。このgull wingとはカモメの翼を意味します。車体の外側に向かって開閉するドアとは違い、地面から水平に持ち上げるように外側に向かって開閉します。ドアを開けた時にカモメの翼に似ていることからこの名前になりました。このドアを初めて採用したのは世界的にも高級車として知られるメルセデスベンツです。


1954年300SLが初めて採用されました。その後スーパーカーと呼ばれる高級スポーツカーに続々と搭載されています。国内では日産フェアレディZや三菱エクリプスやスタリオンに採用されています。スライドドアなどにあるスペースは少ないです。スペースが少ないのは、開閉する際にサポートするガスダンパーが劣化するのを防止するからです。劣化すると、開閉操作が重くなってしまいます。車体自体を頑丈にするためにサイドシル部を太めに設計した場合、横開きドアでは乗り降りする際に乗降性が悪くなってしまいます。乗降性の悪さを解消するために採用されています。また車体が低い車も乗り降りの良さを向上するためにも利用されています。故障した場合、ルーフを下にして転倒した場合やドアが開かないときにはフロントガラスを自力で割ることができるような工夫がされています。

Comments are closed.