車のドアの種類

車を選ぶ際に重視することはたくさんあるでしょう。そんな一つがドアかもしれません。どんな種類があるのか簡単にご紹介します。
まずはセダンや軽自動車などによく使用されているのがヒンジによって開くものです。多くの車がこの形を採用しています。


次に多いのがスライド式です。レールを使って左右に水平移動するタイプです。車の両側のスペースが狭い場合でもスムーズに扉の開閉ができるというメリットがあります。扉をあけたときに、隣の車にぶつかることがないので、駐車場が狭く、しかも車に愛着心の強い日本では特に需要が多いのがこのタイプです。最近では電動のものも多く登場し、人気となっています。
またハッチ型もあります。一般的な扉と同じくヒンジを使って開閉しますが、上下に開くのが違いところです。ほとんどが車の後部に取り付けられています。
まれですが、ガルウィングもあります。上方に跳ね上げるようにして開くタイプで、スポーツカーなど特殊な車両に利用されています。実用的とは言えないですが、その開き方を好む人からは熱烈に支持をされているタイプです。ちなみにガルウィングとは、車の正面から見てかもめ、つまりガルが羽ばたいて見えることからその名が付いたと言われています。

Comments are closed.