スライドドアの特色

スライドドアは自動車のドアが引き戸になっている形式のドアです。セダンなどの背の低い乗用車などでは採用される事は少なく、通常はワンボックスなどの背の高いワゴンやバンの後部座席のドアに利用されます。メリットは住宅用の引き戸と同じで、ドアを開けて出入りする為のスペースが少なく狭いところでも出入りしやすいことです。またドアを開けた状態で、ドアがあまり邪魔にならないので、大きな開口が取れ出入りがしやすいというメリットもあります。


しかしドアの構造が複雑になり大きく重くなりますし、またドアがスライドする関係で、ドアのスライドレールを設置する必要があり、通常の開き戸のように、隙間なく並べて設置する事が出来ません。また開閉に比較的力が必要で、閉まりきらない半ドアになりやすい、その為に力を入れて閉める事になり、手を挟みやすいなどの問題もあります。ただこの問題は自動ドアにすることで解決している場合もあります。また大きく開口するのですがドアを開けている状態でもドアがボディ後部より後ろにはみ出してはいけないので、コンパクトカーではあまり大きなドアを作れないなど思いも拠らぬ制限があったりします。やはり大型車向きのドアと言えます。

Comments are closed.